パチスロメーカー決算まとめ

平成26年度 3Q オーイズミ

平成26年度 3Q オーイズミ

 

考察

 

 前期は太陽光発電、今期は介護施設運営に参入。他メーカーと異なり余暇市場以外で事業拡大もしくは生き残りを目論んでいるようです。もともと事業の柱は周辺機器ですから他メーカーとは軸足の置く場所が異なるわけです。

 

 今期は「ひぐらしのなく頃に煌 」の1機種のみの販売。来期はどうするか、というかパチスロ事業を継続するかどうか悩むところかも。なかなか厳しいものがありますよ。

 

 「ひぐらしのなく頃に煌 」(シリーズ)の失敗はその倒錯したコンセプトにありそうです。
 オーイズミ「勝てる(勝てるとは言ってない)」

 

 初代「ひぐらし」はビタ押しできれば勝てるという触れ込みで、当時の若者には新鮮で遊技意欲を刺激されたかもしれない。でも今は設定1の出率が100%越えればメーカーが補償しなければならない時代。そんな勝てる台が設置され続けてるはずがない。「上達すれば勝てるかも」から「絶対勝てない」、「無理ゲー」へと意識が変わるのにそう時間はかからなかったはず。

 

 「ひぐらし」で勝てると思いますか?1度でもいいからユーザーに聞いていみればよかったのに。おそらく答えはこう。
 ユーザー「勝てない(確信)」

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
数字的なパチスロの話 パチスロに関わる話 パチンコ業界決算